フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

FAIRLADY Z432

  • JavaScriptを有効にしてください。
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

名物とろろ汁と桜

S90_0137

 駿府城址の外堀沿いには,早くも桜の花。もう少しで満開。お堀の石垣の向こうに天守閣でもあったら,さぞかし風情があったのではないかと思います。

 静岡市内を後にして,向かった先は東海道五十三次の鞠子(丸子)宿。ここの名物は「とろろ汁」。例の浮世絵にも描かれています。とろろではとても有名な丁子屋で食事です。

S90_0142

S90_0139 注文したのは一番シンプルなメニュー。麦飯にとろろ汁。火を使って調理する手間がないからでしょうか,注文してから配膳されるまでが速い! 歴史を感じさせる建物の中で,歴史ある食べ物をいただき,大満足。

2010年3月30日 (火)

しぞーかおでん

 静岡から大井川沿いに奥大井まで行ってきました。

 静岡といえば,最近はおでんが有名。ということで,さっそく老舗のおでん屋へ。「しずおか」は地元発音で「しぞーか」となるので,「しぞーかおでん」という文字があちこちに見られました。

 地元出身の仲間の話によれば,おでんは子どものおやつとして駄菓子屋で売っていたそうです。具はひとつひとつ串刺しにしてあり,食べた後の串の数でお勘定します。お店の人は,串を見ただけで何を食べたか判別していました。さすがプロ。

S90_0125_2

 S90_0126_5 S90_0127_7

 おでんの上にかかっているのは,出汁粉。削り節の粉末やいろいろ入っているみたいです。味は,少し甘めの柔らかい味。いくらでもお腹に入ってしまう感じですね。黒はんぺんという具がありますが,これはあのフカフカのはんぺんとはまったく別で,感触としてはつみれを薄くして揚げたようなもの。なかなかおいしい。

 お店の傍らには,おでんの缶詰が…。 

2010年3月22日 (月)

ハナモモ

 我が家のハナモモが咲き始めました。着実に季節が進んでいます。

Eo7_2164

Eo7_2175

2010年3月16日 (火)

天気予報がはずれたので

 朝起きてみると,空は薄曇り。なんだかんだとしているうちにみるみる青空に変わり,太陽も出てきた。天気予報だと,午前中は雨模様とか言ってたはずなのに。

 時は3月,天気は上々。やはり釣りの虫がおとなしくしているわけがない!!! カモさん,ミッチー,メシ君には申し訳ないが,抜け駆けで養沢に向かってしまいました。

 到着10時少し過ぎ。やはり申し訳ないのでカモさんにメール。すると,折り返しすぐに電話が入った。カモさん,明け方まで仕事をしたとのことだが,「絶好のコンディションだぜ。天気は暖か,水量は豊か。いいじゃん,今から来れば…。川で寝てれば」と悪魔のささやきをしてしまった。

Ft1_0685  支度の後,人影がなかった最上流部へ入って,釣り開始。

 まずは,元気なニジマス君のお出迎え。ヒレピンで下に下にと向かって頭を突っ込んでいくので,引きが強い。水面に持ってきたかと思えば,ジャンプ&ジャンプ。ニジマスは,釣ってからがとても面白い。

 向こう岸の大きな岩の脇の,流れがたるんでいるところに魚発見。ニジマスではない。ということはヤマメか。見ていると,時々ポチャッとライズしている。フライを18番の小ぶりのドライフライに替えて,そいつを狙う。

 だが,ちょうど真上には小さな枝があって,なかなか思うところにフライを落とせない。何投か繰り返して,うまく魚の横にフライが着水した瞬間,パクッと咥えた。すかさず合わせてたぐり寄せると,なんとイワナ!

 さらに釣り上がり,水深50センチほどで流れる瀬に出会った。「もしかしてこの流れの中に魚が出ているかもしれない」と思い,ダメモトでニンフを流す。

 と,次の瞬間ガバーッとフライを持っていかれた。すごい食い方。結構デカイ。寄せてくると,かなりの大きさのヤマメ。よっしゃー,と気合いを入れるも,足元まで寄せたらバレた。残念。

Ft1_0683

 お昼を食べてから下流に移動。いい感じの流れでヤマメをゲット。そこでもう一粘りと思っていたとき,川沿いの道路から手を叩く音が。見上げると,なんとカモさんではありませんか。まさか,ホントに来るとはねえ。で,カモさん「今夜の夕食のおかず,頼むぜ。5人分」と宣う。おいおい,これから5人分かよ。しかたなく,淵で粘ってニジマス5尾をカモさんのために釣り上げて差し上げました。

 いやあ,今年のシーズンイン一発目は,とても楽しめました。今年はいいことありそう。

Ft1_0686

2010年3月15日 (月)

スコットホール

 新宿区早稲田にある早稲田奉仕園には,スコットホールという教会建物があります。大正11年に建てられたもので,見事なレンガ造り。関東大震災で一部崩落し修繕したものの,当時そのままに近い形で今も現役で使われています。Ft1_0668

 コンクリートなどの無機質な感じではなく,レンガ独特の暖かみのある建物に心が和みます。おそらく窓であったろう部分が部分的に白くつぶされていますが,これはきっと耐震補強のためだと思います。こういう歴史ある建物はきちんと保存されていってほしいですね。

Ft1_0662

Ft1_0660

2010年3月14日 (日)

お酒リスト

P1000655r

 職場のそばにあって,ちょこちょこと立ち寄る「太郎寿し」。いつも大変お世話になっています。その太郎寿司のお酒リストです。

 決してジョークで出しているリストではなく,実在の日本酒ばかり。面白いですねえ。この間はリストの上から順番に飲みながら,たっぷりと寿司をつまんできました。いやいや,またこの酒たちと寿司の相性の良いことといったら…。「日本酒はあんまり」という人でも,結構いけちゃうんじゃないかなぁ。

2010年3月11日 (木)

雪の梅郷~2

Eo7_1937

 吉野梅郷は,満開~五分咲き。まだまだ楽しめます。公共駐車場がなく,吉野街道沿いの民間有料駐車場を利用するのですが,どこも1回800円。梅を見逃してしまった方,吉野へ急げ!

Eo7_1952

2010年3月 9日 (火)

雪の梅郷

 雪のそぼ降る中,青梅市の吉野梅郷に行ってきました。「この天候では人出は少ないだろう」と思ったのは大間違い。カメラや三脚を持った人たちが結構来ていました。しかし,雪の梅郷もなかなか味わい深い。

Eo7_1936

 お昼には当然の如く手打ち蕎麦を食べ,おみやげには当然の如く名物「へそまんじう」を買ってきました。

Eo7_1915

2010年3月 5日 (金)

山梨出張

 山梨は韮崎へ出張で行ってきました。車で行ってきたのですが,天気は上々,風もなく,空気も澄んでいて最高のコンディション! 仕事でなければ,絶好のフィッシング日和だったと思うと至極残念。

 まあ,今日は甲府盆地どこにいても南アルプス,八ヶ岳,富士山と眺め放題。雲一つない青空に雪を抱いた富士やヤツや南アルプスの峰々。いやあ,絶景でした。八ヶ岳に向かう国道を上っていき,標高7~800メートル付近からは真っ白く輝く仙丈ヶ岳や北岳の頂きが拝めました。北岳はほんのわずかに覗いている感じですが。

 中央本線の線路脇に咲く梅の花の向こうに南アルプスの図。電線はご愛嬌ということで…

Pg7_2165

 昼食は,清里に向かう途中にある蕎麦屋で。このあたりは昨年行った北甲斐亭をはじめいくつかの手打ち蕎麦屋がありますが,今日は「やっこま(八っ駒)」という蕎麦屋さんに寄ってみました。太めで平打ち,噛んでいると甘みが出てくる蕎麦です。歯ごたえ十分。おいしくいただきました。

2010年3月 1日 (月)

なんじゃこりゃ

 お気づきの方もいるかと思いますが,ココログへ引っ越してくる前の記事の画像がすべて消失! 愕然。変な操作はしていないはず。なんじゃこりゃ。

 こちらに引っ越す前のブログを昨日解約したのだけれど,それ以降向こうのブログから吸い出してこちらに移植した記事の画像データが消え去ったようだ。思い当たることといえば,どちらも「powered by TypePad」であること。まさか,画像データの置き場所が一緒だったっつうこと? こんな現象,起こるのかい? そうならそうで予め言っといてもらわないとねえ。

 というわけで,記事の一つ一つを再編集して画像を貼り付けるのも大変なので,近いうちに引っ越す前の記事を全部削除することにします。悪しからずご了解を。

----- 2010.03.01 追記 -----

 調べた結果,消えてしまった画像は,以前使っていたブログページに貼り付けてあった画像をこちらに表示していたことがわかりました。以前使っていたブログを解約したのに伴って画像データが削除されたために,こちらに画像が表示されなくなったということです。

 かなり見苦しくはなりますが,折々の「記録」の意味合いもあるので,画像データが消えてしまった記事もそのまま残しておくことにしました。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »