フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

FAIRLADY Z432

  • JavaScriptを有効にしてください。
無料ブログはココログ

« 谷根千を歩く~2 | トップページ | 深川を歩く~1 »

2010年6月 1日 (火)

世附川

Ft1_1113

 西丹沢の世附川C&Rエリアに行ってきました。本当は,ミッチー,カモさんと3人での釣行予定だったが,ミッチーが体調を崩したため,カモさんとの二人連れ。

 世附川は,なんと20年ぶり。当時から川の水は,ジン・クリア。その透明さは変わっていませんでした。天気は晴れ。湿度は低く,水温は12~14度。絶好のコンディション。小さな魚は飛び出すものの,午前中はドライ・フライにはなかなか出てくれない。フライをちょいと沈めて今日の初物,ニジマス君を引きずり出す。水に合わせたかのようなきれいなボディ。でも,本命のヤマメが来ない。午前中は,ニジのみ3尾ほどで終了。遅めの昼を食べて,いざ川へ。午後は,下流域を釣る。

 これが大正解。3時頃になるとドライに反応し出す。同じポイントで,ヤマメ,ニジ,ヤマメと立て続けにヒット。その後もヤマメ,ヤマメ。C&Rなので魚はいることがわっているし,姿も見え隠れしている。でも,お手本のようなポイントではほとんど反応なし。釣れたのは,竿抜けポイント(先行者が手を出していなさそうなポイント)だ。

 世附川は,丹沢湖のバック・ウォーターからすぐの所にゲートがあって,一般車両は通行止め。よって,移動手段は自分の足のみだ。それが良い川,良い自然を残しているのかもしれない。

 ミッチーの1日も早い回復を祈りつつ,カモさんと私は竿をしまったのでした。

« 谷根千を歩く~2 | トップページ | 深川を歩く~1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554305/48518346

この記事へのトラックバック一覧です: 世附川:

« 谷根千を歩く~2 | トップページ | 深川を歩く~1 »