フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

FAIRLADY Z432

  • JavaScriptを有効にしてください。
無料ブログはココログ

« やっぱりキター!!! | トップページ | 新しいマシン »

2010年8月26日 (木)

暑さとの戦い(8/21~)

Ft1_1158 

 今年もやって来ました北アルプス。 恒例になった仲間たちとの「白馬集会」。東京,千葉,神奈川,愛知から続々集結(少し大袈裟)。山に行きたい人は山に,渓流に行きたい人は渓流にと,思い思いに活動した後,これまた恒例のBBQという次第。

 

 当然,カモさんと私は渓流に。朝日を浴びて赤く染まる白馬三山を眺めながら,まずはロッドを一振り。陽が昇るに連れて段々と暑くなる。今年はどこもかしこも「異常高温」。白馬もまた例外に非ず。標高1000mあたりの川でも日中の時間帯は暑い暑い。「アチチ,アチチ」という声が聞こえてくる。

 

Ft1_1160

 さすがに堰堤の落ち込み辺りは水しぶきが上がって「涼しそう」だが,実際は暑いのなんのって…。ただ,日陰に入れば湿気の少ない空気。風が吹けば気持ちいい。

 暑いと集中力が続かない。集中力が続かなければお魚さんへのラブコールも届かない。なかなか良い型の魚とはめぐり会えなかった。せめてカワイイお魚さんの顔でも眺めてください。

Ft1_1167  

Ft1_1173  

 今回は,あちこちの渓流を釣り歩き,良い川にもめぐり会え,気持ちは大満足。良型が連れなかったのも暑さのせいだろう(ということにしておかなくちゃ)。思わぬ事態で釣りをせずに帰ったミッチー,残念でした。

 そうそう今回の大きな収穫は,我々にグループ名が付いたこと。名づけて「白馬の馬鹿猿」。馬と鹿と猿が誰なのかは,ご想像にお任せいたします!

 

Ft1_1169

« やっぱりキター!!! | トップページ | 新しいマシン »

コメント

もしかして白馬の写真、と思ったらやっぱり。魚、可愛いわー。川に返したくなる気持ちわかります。食べたかったけど。馬、鹿、猿は無作為割付すべきかも。猿は分が悪いような気がするな。

 aikoさん,では今度3人でじゃんけんして,誰が馬で誰が鹿で誰が猿かを決めておきます(^_-)
 今回は釣り歩きに専念してしまったので,せっかく持っていった一眼レフは,ザックの中にしまいっぱなしでした。撮るか釣るかと問われれば,やはり釣る方を取る私…。

3人それぞれが「馬鹿猿」じゃないんですか?
失礼しました。

私、猿です。いも洗いする程度のエテ公の猿ではなく
「見ざる、言わざる、聞かざる」の蘊蓄ある猿です。
馬と鹿、それは師匠二人の事に決まってるじゃありませんか?
二人とも「さくら」と「もみじ」で愛でてもよし味わってもよしの
味わいある人物です。ねえ師匠!
でもどっちが馬かどっちが鹿か猿の私にもわかりません。

 ヒロヒサさん,「3人それぞれが馬鹿猿だ」よりは「3人あわせて馬鹿猿だ」の方が,私たちらしいと思いませんか? 実際,それぞれの釣りの趣はだいぶん違っているし…でも合わせれば「馬鹿猿」という一つながり(人つながり)の言葉として成り立つなんて,格好良いでしょ?

 ミッチーさん,そうかあ,馬は刺身や燻製,鹿はジンギスカンなどという料理があるけれど,猿は…ないぞ! もっと精進したまえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりキター!!! | トップページ | 新しいマシン »