フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

FAIRLADY Z432

  • JavaScriptを有効にしてください。
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月25日 (土)

ロッドのグリップ補修

 8年ほど前に手に入れたオービスの「セブン・スリー」(グラファイトの方),グリップのコルクに裂け目が目立ってきた。そこで,DIYで補修。使ったのは,「コルク・パテ」。

S90_0429

 蓋を開けると,肌色のペースト状のパテが入っている。これを,グリップの裂け目に塗り込み,乾いたらヤスリがけして,一丁上がり。きれいになったグリップは,気分がいいもんだ。

 こうなったグリップを

S90_0428

 

 こう塗ってから

S90_0430 

 

 こう仕上げた。色の違いは,使えばすぐに目立たなくなる。

S90_0431

2010年9月19日 (日)

やっぱりね

 メシ君から「16日に休みが取れる」との連絡が入り,さっそくにカモさん,ミッチーに情報を回す。なんと全員OK。さて,どの川に入るか。栃木県内の川がいいかなというメシ君のご要望を受けて諸々検討の上,日光市内の男鹿川に決定。

 メシ君は,なんという運の持ち主だ! 彼が率先して釣りの日取りを決めると必ず,いえいえ絶対に雨が降る。今回もその「強運」は存分に発揮された。

 前夜来の雨。しかも,明け方にはかなり雨足が強くなる。「普通なら行かないよな」と思いつつ,久方ぶりの釣りで胸躍っているであろうメシ君の顔や自然渓流デビューのミッチーの顔が浮かび,「まあ行くだけ行ってみればいいか。ダメだったら蕎麦でも食べてくればね」という感じで出発。カモさんを拾い,メシ君を拾いして蓮田SAでミッチーと落ち合って現地へ。途中の東北道はものすごい雨!

 現地到着するも雨足は衰えず。どうするか…しばし考えるもとりあえず遊漁券を買っておこうということになり,さらにちょこっとでも竿を出してみようということになり,きっと誰もが「まさかやるまい。えっ,やるの?」と思いつつも,支度が始まった。これが4人で来たことの怖さか,はたまた凄さか。

 さっそく三依地区に設定されているC&R区間に入る。男鹿川は,少しの濁りが入っているように見えるも,きれいな川。岸からは浅そうに見える瀬も,渡ってみれば意外に深く,水圧もかなりのものである。こんな雨の中,もちろん出会う釣り人は他になし。

入渓してから2投目,カディスにバシャッとアタックあり。かかってきたのはきれいなヤマメ。こりゃあ幸先がいいぞ,とばかりに力が入る。もう雨のことはあまり気にならない。

Ft1_1175

 メシ君の4連続バラシなどなど楽しい出来事がいくつかあって昼食。もちろん,蕎麦。ミッチーは葉わさび蕎麦を頼んで,一人で涙を流していた。そんなに感激してくれたんだね。

 午後の部は,場所を川治温泉のC&R区間へ移動。こちらはニジマス主体ながら,川のあちこちでヒット。ここでもメシ君,相当デカイのをバラしたらしい。

 夕方5時半頃に釣り終了。

 今回の釣果で,いわゆる渓魚ではない魚を釣った人が一人! なんとミッチーだけががハヤを釣った。なんでよりによってハヤなのか。しかもドライで。

 まあまあ,それもいいさね。修行の一環。そうやって段々とうまくなる!

Ft1_1178

2010年9月 6日 (月)

新しいマシン

かれこれ5年近く使ってきたVAIOのデスクトップ機。搭載OSはWinXP。処理スピードが少~し遅くなってきたかな…というところで,思い切って買い換えた。今度のは,NECのVALUESTAR L 150BS。私にとっては,初のNECマシンである。

VL150BS

Corei3,メモリ4G,HDD500G,OSはWin7(64bit)という陣容。動画処理などのハードな仕事をさせる予定はないので,Corei3できっと十分。モバイル版ではないので,もしかしてノートPCのCorei5なんかよりも速いかも。

昨今の流行りは,デスクトップではディスプレー一体型のもの。でも,どう考えてもメンテナンスがやりにくそうである。例えば,HDDを交換したいときなど,自分で作業することは難しいように思える。その点,スリムタワー型は自分で拡張ボードを入れたり,HDDを交換できたりするので都合が良い。NECのマシンは,本体の「外箱」をはずしやすくできているのでとても良い。取説にもその方法が載っている。前モデルのVAIOは,スリムタワーであったが,基本的にユーザが分解できないようになっていた。

Win7も,最初は操作に少々の戸惑いがあったが,すぐに慣れた。問題は,今使っているソフトウェアが64bitで動くかどうかだったが,ごく一部のソフト以外は問題なく使えている。はっきりと「Win7対応」を打ち出していないソフトの中にも,ちゃんと動くものがあるとわかった。もっとも,これは「やってみないとわからない」わけだけれど…。

さて,これで向こう数年はいけるはずである。せいぜい可愛がってやろう。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »