フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

FAIRLADY Z432

  • JavaScriptを有効にしてください。
無料ブログはココログ

« 寿々孝 | トップページ | ついに »

2011年7月27日 (水)

一皮剥けて…

 我が家の玄関脇のコンクリートの塀。まさに一皮剥けつつあるセミを発見。見れば見るほど神秘的。

Gf2_1168

« 寿々孝 | トップページ | ついに »

コメント

ラッキーです。見ようと思ってもなかなか見られないのがセミの羽化。私ならインターバルタイマーで飛翔の瞬間までを記録するなぁ。
ところでアブラゼミのようだけど幼虫が地中で過ごす期間は5年から7年だそうです。でも誰がどのようにして期間を調べたんでしょうかねぇ?また眠れなくなってしまいそうです。

 我が家の周辺は,昔からの梨の産地。子どもの頃からうんざりするほどセミの羽化を見てきたので,「珍しい」という感覚はなく,「ああまたか」てなもんでスナップしました。
 今度見かけたらインターバルで撮ってみましょう。

ごぶさたです。

蝉の羽化って、樹木以外の場所でもするのですね。
コンクリートでは、可愛そうな気もしますが・・・

ようやく産まれ出てきたのですから、無事に寿命を全うして欲しいものです。

「蝉が地中で過ごす期間を誰がどうやって調べたのか?」 とりあえずは眠れるのですが、
「Kちゃんさま」調べて教えてくださいな!!

 あんあるさん,セミはいろんな所で羽化してますね。塀や電柱,去年なんかは我が家の網戸で一皮剥いてました。

 「セミが地中で過ごす期間」,さっそく調べましたよ。
http://homepage2.nifty.com/saisho/life.html

流石!「Kaychanさま」
早速に調べて頂き、ありがとうございます!
ふむふむ、やはり地中での観察は難しく、立証できているわけではないんだ・・・
謎多き蝉の一生、それがいいわ。

 あんあるさん,やはり世の中謎が残っていないといけないやね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寿々孝 | トップページ | ついに »