フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

FAIRLADY Z432

  • JavaScriptを有効にしてください。
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月20日 (日)

2か月ぶり

 3月に行って以来,2か月ぶりのフィッシング。今回は,初めて使うブランドのラインのテストと,フライとテンカラの二刀流でやったらどうなるかのテストを兼ねて養沢へ。

Ft3_0317


 抜けるような青空と新緑とのコンビネーション,空気は爽やか,言うことなし。そして,休日の養沢の定番(?),誰も入っていない区間があちこちにある。渓流独り占め状態!
 さっそく新しいラインを試してみる。最近評判になっているとかいう「Rio」というメーカーのフライ・ライン。定番の3Mのラインと比べると,リールからラインを引き出しても巻きぐせがついていない! ラインに張りがあり,キャスティングも滑らか。これは具合がいい。新品だからかもしれないが,浮力も十分でラインが沈んで釣りにくいということもない。んん~,私が癖になりそう。

 午前中はお魚さんたちの活性が高く,食い気十分。面白いように毛バリを咥えてくれる。久しぶりの感触。ニジマスもヒレピンばかりなので,パワーがあり,ファイトがおもしろい。
 昼近くになってさすがに渋くなってきたので,コンビニおにぎりの昼食後はテンカラに切り替え。「松川スペシャル」と名づけた我が自慢のウェット・フライを結び,ごく浅い瀬や小さなポイントをハリスを水に浸けないようにして流す。これはフライではなかなかできない芸当である。フライでは喰ってくれないであろうポイントでも,バックリと咥えてくれる。さすがテンカラ。二刀流は最強かも。

Ft3_0323


 しかし,フライを振ってからテンカラに切り替えると,ロッドの重みが違う。フライの方は,ロッドとリールなどの重さを合わせれば,優に200gはいくだろう。これに比べてテンカラは竿の重さが90gとあとはラインの重さだけ。単純に重さだけ比べればテンカラの方が軽い。しかし,ロッドの長さが違う。フライは2.44m。テンカラは3.3m。竿を振れば,テンカラの方が手元に重みが来る。よって,テンカラ竿がずしりと重たい。始めからテンカラでやっていれば,重みの違いなどほとんど意識しなかっただろうが,途中で交代するとその差がよくわかる。
 さらに釣りのおもしろさも少々違う。フライの方がおもしろいのだ。毛バリの流し方,使うフライの選択,魚をかけてからのやりとり…楽しむ要素が多い。それに引き替え,テンカラは「魚を釣ること」に焦点を当てているように感じる。元々がゲームをするための釣りと漁をするための釣りとの違いなのかもしれない。

 いずれにしても,久々に川の空気を吸い存分に楽しんだ1日だった。

Ft3_0319

2012年5月 5日 (土)

全国ご当地グルメ祭

Eo7_6003


 よみうりランドで「全国ご当地グルメ祭」が開催されていると知り,さっそく出かけてみた。連休中で駐車場も満杯だろうと踏んで,我が家から歩いて行った。多摩丘陵の林の中を行く道は,ちょっとしたハイキング気分。20分ちょっとで到着。
 連休中初の好天ということもあってか,チケット売り場からして大行列。人でごった返している。乗り物には脇目も振らずにグルメ会場へまっしぐら。

Gx1_0760


 思ったほどには広くない会場に,北から南からご当地グルメの店が出店している。

 佐世保バーガー,盛岡冷麺,ご当地ビール(清里と京都),讃岐うどん,広島焼き,山形牛すじ汁と牛串…3人でこれだけを平らげると,「もうこれ以上は無理!」

 広島焼きを焼いているおばあちゃんの姿がとても良かったので,密かに1枚。

Eo7_6005


 若葉・新緑の鮮やかさも青空を背景に際立っていた。

Eo7_6012

2012年5月 2日 (水)

日本の清流

Ft3_0315
 ガチャポンとかガチャガチャといわれる,カプセルに入ったオモチャを販売する器械がある。子ども向けなんだろうが,中には結構楽しめるものがある。「日本の清流」と銘打ったものがそうだ。どこにもありそうだが,これがなかなかない。昨日偶然に某書店で見つけてしまった。オイカワやウグイからあゆ,岩魚などなど日本の清流に棲む魚の精巧なミニチュアが入っている。

 ねらいは当然のことながら,ヤマメかイワナ。何が出てくるかわからないので,実際の釣りよりも難しいこと甚だしい。300円を投入して1回目。なんとアカメが出てきた。「おいおい,これって清流に棲む魚かよ」とぼやきつつ中に入っている解説を見たら,「シークレット」ものとなっているじゃあありませんか。得したような損したような…。

 気合いを込めた2回目。コインを投入してガチャガチャとダイヤルを回し,ポトンと出てきたのが狙いどおりのヤマメ!!! 満面の笑み。周りの人は私を見てなんと思っただろうか。

 ご覧のとおり,わずか数センチの大きさながら魚体の形や色合いは本物に限りなく近い。ヒレなんぞ縁が白くなっているところなんかも実にいい出来。顔を前から見た形も上下にとんがっていて左右に薄い,本物のヤマメの形だ。

 子どものオモチャと侮ることなかれ。楽しい,嬉しい「大人の贅沢」だ。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »