フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

FAIRLADY Z432

  • JavaScriptを有効にしてください。
無料ブログはココログ

« 新兵器を試す | トップページ | 木曽路~福島宿 »

2012年7月11日 (水)

ギョギョギョ 大物か(7/10釣行)

 梅雨時をねらって栃木県内の某川に釣行。カモさん,みっちーと私の3人がカモさん宅に集合し,朝も早からヒソヒソと打ち合わせ,いざ出発。

 およそ2時間ほどで川に到着。途中に立ち寄ったコンビニで入漁券を扱っていたので,購入。私らは,基本的に入漁券をちゃんと買ってから入渓するようにしている(エライ! または当たり前!)。

 花崗岩質の川は,きれい。適当な大きさの岩がゴロゴロしていて,いい感じ。中流域には鮎釣り師の姿がチラホラ見える。ねらうは上流域。岩魚と山女魚が釣れるという前情報だ。

 途中経過を端折って,釣果の程は…あるポイントでカモさん,みっちーが見守ってくれている中,「こりゃいるに違いない」というポイントにフライを流すと,「で,でた~」。ところが,水中を走る魚の姿がはっきりと見えてしまったがために少し早合わせしてしまい,針にかからず。「ではもう一度」と流したところ,ガバッと来たのでサッと合わせた。フィッシュオンと思いきや,ティペット(ハリス)の結び目から先全部を失う。いわゆる俗に言う「合わせ切れ」。鮎釣り用のハリスで丈夫なのを使っているので,普段はまず合わせ切れを経験したことがない。見えた魚体からして,もしや相当大物だったのかもしれない。姿が見えただけに悔しくて悔しくて。

 これを含めて,今回の釣りでは3回もあわせ切れを経験した。この川,もしやただ者ではないかもしれない。もし次回があれば,今度は合わせ切れさせずに釣り上げてみせるぜぃ。

Dsc_0012                     涼やかな堰堤を背景に…(釣り師みっちー)

« 新兵器を試す | トップページ | 木曽路~福島宿 »

コメント

逃した魚は大きい!
を地で行くKaychanでしたね。
私の釣果はともかく久しぶりの自然渓流で身も心も洗われたようないい気分を味わいました。また連れて行ってください。

みっちー,今回はなかなか良い川でした。我々が行く数日前にはかなりの増水があったようなので,あの程度の反応だったのかもね。水量が安定していたら,もっとお魚さんが遊んでくれていたかもしれない。ただ,テンカラ師もフライマンもたくさん出かけているところみたい。
それにしても,ヤマビルは気味悪かったね。めぐり会ったのは久しぶりだったよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新兵器を試す | トップページ | 木曽路~福島宿 »