フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

FAIRLADY Z432

  • JavaScriptを有効にしてください。
無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月15日 (火)

シーズン最後の自然渓流?

 8月からの長雨と先日の大雨。周辺の川はどこも芳しい状況ではないようす。来週以降は仕事の都合もあり、平日には釣りには行けそうもない。どこか清々しく釣りができる川はないものか…。

 元々は、8月末に北アルプスに行ったのだが、雨続きで釣りができずに終わっていたので、再度北アルプスにチャレンジする予定だった。しかし、大災害をもたらした大雨からまだ間もない。カモさんと話し合って、北アルプスはあきらめた。
 ネット上の情報を元に選んだのが、天竜川水系。さほど大きな影響は受けていないようなのである。行ってみてダメなら、ソースカツ丼を食べて帰って来ることにして、いざ出発。

 夏から秋への移り変わりの時。空気は爽やかで青空が眩しい。川は水量多めだが、濁りはない。こりゃ来て良かった。

Wg5_0088

 水温11~12度ほど。雨や増水のせいで水温が急激に低下したとすれば、なかなか厳しい条件。これがいつものことならば、心配無用。果たしてどちらか?

 昨年来た時とは流れも大きく違っている。「たなびら」(体高がかなりあるアマゴ)をネット・イン寸前でバラした落ち込みは今年は見当たらない。

 午前中の勝負は、魚の当たりなしで敗北。カモさんは、アマゴとイワナを上げたようだ。

 昼食の後は、木陰に椅子を出して昼寝。これが超気持ちいい。乾いた風と気温が多分20度ちょっとくらい。こういうのも釣りの楽しみの一つ。

 昼寝の後に、もう一振りするかということで、支流に入渓。こちらも水量が多い。轟々とした流れの中の緩流部を中心に毛鉤を振り込んでいく。
 入渓してしばらく、手元にプルプルと来るアタリが。いやあ、やっと来ましたイワナちゃん。きれいな姿を写真に収めようと向きを変えているうちにジャンプ一発、ネットから飛びだしていってしまった。撮れた写真は、上半身のみ。

Wg5_0090


 たぶん今シーズン最後となるであろう自然渓流。なんとか魚とめぐり会えて良かった。気をよくした帰り道、当然の如くソースカツ丼を食べに寄り道。こちらも大満足。

 そうそう、今回の釣りに当たって新作のテンカラ毛鉤を持っていった。どんな毛鉤かは、ヒ・ミ・ツ・・・

« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »