« 空梅雨の渓 | トップページ | 今年も… »

2017年10月 1日 (日)

シーズン ファイナル まとめ

 半年前に始まった今シーズンの渓流釣り、仕事に一段落つけたお陰でほとんどが平日釣行。道路も空いている、川も空いていると良いことずくめ。ただ今年は雨にたたられ、釣りにならなかったり、日程を変更したり、釣行を中止したり。

 シーズンラストは、長野県内の川へ。
 まずは、9/21。まだ夏の気配が色濃く残る中、標高1600mを超える渓谷。地元の人の話では、その日朝の気温が5度だったとのこと。渓谷は、すでに秋本番を迎えていた。

Wg5_0282
 日陰に入ると肌寒く感じられ、日向でも暑くない。汗をかくこと一切なく、軽快に渓を登ることができた。前もっての情報では、魚影が薄いということであったが、どうしてなかなか、イワナはちゃんと毛バリに出てくれた。渓のきれいさに、カモさんと私のお気に入りの川の一つに追加。
Wg5_0286


 続いては、9/29。シーズン最後の最後の金曜日。よく行く渓のいつも入る場所よりも上流部に入渓。結構な人気河川なので人がいっぱい入っているだろう、釣れなくてもいい景色を見て終わろうや、とカモさんと話していたのだが、予想に反して釣り人の姿は見えない(退渓間際に一人とすれ違っただけ)。そして、見事なロケーション。何はおいてもやはりこの川は魅力的。最後にふさわしい舞台だ。
Wg5_0300


 前回の川よりも、気温も水温も低い。水温はなんと最高で9度。気温も低く、終日を通して涼しいよりも寒い感覚。下手をすると、毛バリに反応してくれないのではないかと思うほど。

Wg5_0302


 「木化け、岩化け」という言葉があるが、晴れて水清い川では必須な釣り姿。カモさんも私も姿勢を低く、岩陰に隠れながら毛バリを打つ。
 1尾でも釣れれば良しだったはずだが、なんとイワナの反応が良く、大きさはそこそこだが楽しい釣りができた。禁漁まであと1日を残すのみという状況の中で、これほど魚が残っているとは…。2人で思わず叫んでいた「オー、パラダイス!」
Wg5_0299


 ハッピー・エンドの今シーズンでした。
 あとは、10月恒例の「〆の養沢」を残すのみ。

Wg5_0309

« 空梅雨の渓 | トップページ | 今年も… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空梅雨の渓 | トップページ | 今年も… »