« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月13日 (日)

川の変化

 毎年夏には必ず訪れる長野県姫川の支流。大雪渓に源を持つ川だけに、真夏でも水温は12度前後。初めて釣行したときは、大きな流れと水温に、どう攻略するか考えさせられたものだ。

 
 昔は暴れ川だったようだが、河川改修が進み、広い川幅を横切る大きな堰堤がいくつか作られた。そのせいか、川の流れや河原のようすが結構変わった。
 この川ではないが、魚が潜むポイントがたくさんあった川が、河川改修によってのっぺりとした平瀬だらけの川に変わってしまったのをいくつか見てきている。
 
 やはり、川は生き物だ。
 
2000年
2000
 
2008年
2008
 
2012年
2012
 
 写真のほぼ中央にある大きな岩に注目。この岩は、どんなに大水が出ても動かない。2000年は、岩ははっきりと見えており、周囲の植物の背丈は伸びていない。たぶん大水が出ること頻繁で、植物がなかなか根付かなかったんではないだろうか。
 
 河川改修で流れの勢いが変わり、岩の周りの植物もすっかり根付いた結果、2008年以降は岩が見えなくなってしまった。河原の大石も、堆積物で埋まっていき、写真ではちょっと見にくいが堰堤もその前後の落差が縮まっていることがわかる。もちろん、流れの筋も大きく変化(何度となく重機が入っているせいもあるかもしれないが)。
 
 余談だが、この付近では、以前はヤマメ、イワナ、ニジマスが釣れた。それがここ数年は、イワナのみ。漁協の放流も変わったのかもしれない。
 


2018年5月12日 (土)

年券の川へ[2]-5/11-

Wg5_0348

 
 シーズン2回目の「年券の川へ」。
 新緑まばゆい晴天のもと、カモさんとのふたりづれ。8日~9日の降雨で水量は通常+20センチ。流れを横切るときの圧が強いが、濁りなくきれいな流れはいつも通り。
 
 水温5度~6度。前回の釣行で、このくらいの水温でもイワナは毛バリを追うことは実証済み。増水がどう影響するかは未知数だったが、チャレンジチャレンジ。
 
 連休中にどのくらいの釣り人が入ったかはわからないが、イワナの反応は割合に良く、ポツポツ釣れる。しかし、サイズは小さめで全長20センチまでいかないものが多い。そこそこのサイズの魚は抜かれてしまったのだろうか。
 それでもようやく20センチオーバーを釣り上げて、写真を1枚。うまいものを一杯食べて、もう少し太ってほしいところ。
 
Wg5_0347
 
 素晴らしい景色の中でのイワナ釣りは、気分も爽快。たっぷり1日遊ばせてもらって、釣行満足度95%!
 
Wg5_0350
 

2018年5月 2日 (水)

いざ年券の川へ-4/29-

 昨年12月に早々に購入した年券の川へ今シーズン初釣行。カモさんと連休の渋滞を避けて、朝も早から高速を飛ばす(もちろん、適切な速度で…)。

 晴れ渡る青空、標高は約1400メートル、日射しは強いが暑くなく、気温は高くないが寒くなく、気分良く渓に降りた。

 待ち合わせた金ちゃんと合流し、さっそく朝の水温を測定。なんと5.2度。この水温では毛鉤にはなかなか魚は出ないというのが、東京近辺での「常識」。正直「これでは厳しいか」と思った。しかしこの川では、その常識は通じなかった。この低水温下、イワナはしっかりと毛鉤を咥えてくれた。驚きの活性。
 
 金ちゃんは、毛鉤の流し方もかなり上達して、4尾を掛けて2尾キープ。1日中テンカラを振っても1尾も釣れなかったデビュー当時に比べれば、格段のレベルアップ。これでますます釣りにのめり込むこと間違いなし! あとは毛鉤を自分で巻くことだね。
 
 夕方4時過ぎまで竿を振って、1日を楽しく過ごせた。あとは、今シーズン足繁くこの川に通って、今まで以上に川と魚の様子を知ることが宿題。
 今回、カメラを携行するのを忘れるというポカをやったが、スマホでカバーした1枚。イワナの獣っぽさが出ていると思うのだけれど…。
 
Dsc_1309
 

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »