« チャンス一髪 | トップページ | 撚り糸テーパーライン »

2018年10月 8日 (月)

USLシステムの試み

 
カツカレーもしくはイチゴ大福
 
 人間は、なかなか欲深いものである。何かのいいところといいところ、好きなところと好きなところをいっしょくたにできないものかと、ついつい考えてしまう。「トンカツがうまい!」、「カレー、大好き!」…この2つが一緒に味わえたらどんなに幸せなことか。じゃあ作っちゃえばいいじゃんカツカレー。「イチゴ、おいしい」、「大福もおいしい」…じゃあ作っちゃえばいいじゃんイチゴ大福、てなもんである。
 
 
テンカラにハマった!
 
 長い間フライ・フィッシングをやってきたが、今はすっかりテンカラ釣りである。今シーズンもフライ・ロッドを振ったのは2~3回程度だった。
 
 すっかりテンカラにはまり込んでしまった理由。一つは、釣りのプロセスがスピーディなこと。毛鉤の振り込みは、フライ・フィッシングでいうフォールス・キャストが0~2回でできてしまう。ピックアップも楽ちん。つまり、動作が軽快。そして、ピン・ポイントで毛鉤を落とせる。プレゼンテーションをやり直すことはあまりないし、毛鉤の操作も細かくできる。
 
 二つ目は、一つの毛鉤を3次元で流せること。私の場合は、ドライ・フライとかウェット・フライとかニンフ・フライとかの区別をせずにテンカラ用の毛鉤を巻いている。フライ・フィッシングのドライ・フライのように毛鉤を完全に水面に浮かべることはまずない。毛鉤にフロータントをつけることはなく、一度魚をかけた後も特別なメンテナンスはしない。無理に毛鉤を浮かせるのではなく、毛鉤の重さなりに水面下を漂わせ魚と勝負することになる。
 
 流れの表層を流したいときはラインを張り気味にすればいい。もう少し下の層を流したいときは、ラインを若干緩め、底近くまで沈めたいときは落ち込みなどに毛鉤を振り込んで水流の勢いで沈めるのである。一粒で二度おいしいということばがあるが、一つの毛鉤で三度おいしくいただくことができる。これは、ドライ、ウェット、ニンフと使い分けるフライ・フィッシングからすればなんとシンプルなことか。そして、流れのどの層を流せばいいのかの瞬間瞬間の判断を、即実行に移せるのもいい。
 
 「毛鉤が見えなくても大丈夫なの?」と時々聞かれる。大丈夫大丈夫、見えなくても心配無用。テンカラでは毛鉤が見えている必要は必ずしもない。ラインとティペット(ハリス)の間に、不透明色のフロロカーボン糸を20センチほど入れているのだが、これを目印にしていわゆる糸ふけでアタリをとったり、水中がある程度見通せる流れでは、魚体がキラリと反転するのを見て合わせたり、魚が毛鉤を咥えたショックが竿を通してダイレクトに手元に来た瞬間に合わせればいいのである。
 
 三つ目は、テンカラは勝負が早いということ。毛鉤が着水した瞬間に魚が出ることもしばしばであり、そうではない場合でも、着水して2・3呼吸くらいのうちに、出るときは出るという感じである。毛鉤を流す線を長く描く必要はない。これは私の性に合っている。
 
 テンカラについての考え方も色々あるようだが、私は「シンプルなフライ・フィッシング」とはとらえずに、釣り方も毛鉤についての考え方も別物だと思っている。だからといって、「ドライフライ・テンカラ」といったことを否定するつもりは毛頭ないが…。
 
 
テンカラがこうなってくれれば
 
 テンカラについて、こうやって自分なりの考えをまとめられるあたりまで経験してくると、テンカラのデメリットのようなものも見えてくる。
 
 まずは、ライン+ハリスの長さが竿よりも長いという仕掛けのため、魚を取り込むときにやっかいである。
 
 次に、ラインを出したり引いたりという操作ができないので、かかった魚に走られたときに竿でのやりとりが強いられるということ。
 
 三つ目に、渓の頭上の開け具合や川幅の広い・狭い等に対応するためには、長さの違う仕掛けを用意して、その場の状況で仕掛けごと交換しなくてはいけないということ。
 
 まあ、デメリットというよりも面倒くささみたいなものである。これらがなんとかなれば、もっとスピーディな釣りになるのになあ、と思える。
 
 で、以上を踏まえて、フライとテンカラのいいとこ取りをしたカツカレーやイチゴ大福のような釣りのシステムができないものかと欲深く考えた。そして、あれやこれやと想像をめぐらせつついくつか試行した結果、ひとまずの中間点に到達できた(と思っている)。
 
 
USLシステム
 
 名づけて、USL(Ultra Short Leader)システム。フライ・フィッシングの道具立てを使いつつ、テンカラ釣りの軽快さを取り入れたシステムである。フライの世界で大きな勢力となっているLL(Long Leader)システムの対極に位置する、フライとテンカラのハイブリッド・システム、大袈裟に言えば、LLへのアンチテーゼになるのかも。
 
 まずは、フライ・ロッドはスローテーパーの#2~3。今は、8ft弱の#3ロッドを使っている。これは、単純に私の手持ちロッドの中でUSLに適したロッドがそれしかないためであり、たぶん長さは9~10ft、渓流用ロッドにしては長めのものがベストだと思う。
 
 ラインは、とりあえず#2のフローティング、ダブル・テーパー。フライ・フィッシングのようにラインの浮力をあてにしないので、高性能ラインである必要はまったくない。私は、ジャンク品に近い格安ラインを使っている。これを、軽量リールにセットする。
 
 このラインの先端にリーダーを結ぶわけだが、これはファースト・テーパーのノットレス・リーダーのバット バットに近いテーパー部を40センチほどで切り、これをラインにつなぐ。つまり、リーダーの長さは40センチ! ウルトラ・ショートの所以である。
 
 このリーダーには、目印代わりに不透明色のフロロカーボン糸を20センチほど結ぶ。ただし、実釣してみるとライン先端部でアタリが取れることが多く、このフロロ糸は必要ないかもしれない。
 
 そして、ここにティペットを約70cmから1mほど結ぶ。太さは、状況に合わせて6x~4x。号数でいうと、0.6~1号。材質はナイロンでもフロロでもいいが、表層を流すときはナイロン、より下層を流すときはフロロというように使い分けてもいいと思う。
 
 これでUSLシステムの出来上がり。リーダーからティペットまでの全長が2mにも満たないという、まさに超短いシステムである。
 
 
USLの釣り方
 
 自分の部屋でUSLを作ったら、あとは実釣である。USLの釣りテクニックは、従来のフライ・フィッシングとはチト違う、いや大分違うのではないかと思う。
 
 USLが想定する釣り場の状況は、今のところフリー・ストーンの渓流である。止水やチョーク・ストリームは向いていないような気がするが、実釣していないのでなんとも言えない。
 
 魚が付いていそうなポイントを見つけたら、毛鉤をキャストしてポイントに落とし込んでいくわけだが、出すラインの長さはせいぜい5m。本流の幅広い流れにあっても、できるだけラインは出さないように心がけ、ロング・キャストは控える。ラインを長く出せば、きっと釣りの軽快感は損なわれるだろうから。
 
 私がよく使う毛鉤は、ドライ・フライタイプかソフト・ハックルタイプのもの。伝統的なテンカラ毛鉤にもよく似たものがたくさんあるように思う。ただ、毛鉤の浮力は重視しないし、水面下で魚と勝負することを考えて、ドライ・フライタイプのものは、ハックルを薄く巻くようにしている。浮かばせることを意識しないので、フロータントを施す必要もないし、魚をかけた後のメンテナンスも必要なし。
 
 テンカラで釣っていると、毛鉤が着水してからそんなに間を置かずに魚が咥えることが多いように思う。ドライ・フライでフライを見切られるような場面でも、水面下では結構反射的に毛鉤を咥えるような気がする。USLは、その反射的に毛鉤を咥えた瞬間、つまりファースト・バイトをよくとらえることができるシステムである。ラインからティペットまでがいわば直線的なので、必ず何らかの形でアタリが出ると考えている。LLシステムは、ドライ・フライでは有効なシステムだが、水面下を漂わせる毛鉤釣りでは毛鉤が着水して沈み込んだ直後のファースト・バイトを的確にとらえることは難しくなるのではなかろうか。
 
 さて、もしも毛鉤が水に馴染んで間もなく魚が咥えることが多いとするならば、毛鉤を長距離流す意味が薄れてくる。逆に、長く流すことによって毛鉤を魚が観察する時間が増え、見切られることにもつながる。食い気のある魚が毛鉤を見つけ、反射的に咥えるには長くても3mも流せばいいのではないかと思える。流れの中での魚の付き場所を、1.5mから3m刻みで細かにとらえ、その区間を流し終えたらすぐにピックアップして次のキャストに移る…スピーディな「テンカラ・フライ・フィッシング」である。
 
 毛鉤は自然に流すというのは、基本中の基本である。しかし、時によってはあえてそれに逆らうのもありである。毛鉤を上下にユラユラさせてみたり、流れをフッと横切らせてみたりすることで、ドッカーンと魚が出てくることがある。このように、毛鉤を操作する際にも、USLは好都合なシステムである。ラインの先2mにも満たないところに毛鉤が結んであるので、竿を動かすだけで毛鉤の動きをコントロールできる。長いリーダーでは不可能といっていい。
 
 こうして幸運にも魚が毛鉤を咥えてくれたならば、しっかりとアワセを入れて、あとはいつものとおりの魚とのやり取りをすればいい。引きが思いのほか強ければ、ラインを出したりリトリーブしたりのやり取りもよし。かなりの大物がかかったならば、リールを使ってのやり取りもよし。テンカラでは絶対に不可能なテクニックの見せ所である。
 
 カツカレーのような、イチゴ大福のような、いいとこ取りをねらったUSLシステムであるが、改良点はまだまだあると感じている。一つずつクリアして更なる完成形を目指したいと思う。
 

« チャンス一髪 | トップページ | 撚り糸テーパーライン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャンス一髪 | トップページ | 撚り糸テーパーライン »