カテゴリー「自然・花」の記事

2018年5月13日 (日)

川の変化

 毎年夏には必ず訪れる長野県姫川の支流。大雪渓に源を持つ川だけに、真夏でも水温は12度前後。初めて釣行したときは、大きな流れと水温に、どう攻略するか考えさせられたものだ。

 
 昔は暴れ川だったようだが、河川改修が進み、広い川幅を横切る大きな堰堤がいくつか作られた。そのせいか、川の流れや河原のようすが結構変わった。
 この川ではないが、魚が潜むポイントがたくさんあった川が、河川改修によってのっぺりとした平瀬だらけの川に変わってしまったのをいくつか見てきている。
 
 やはり、川は生き物だ。
 
2000年
2000
 
2008年
2008
 
2012年
2012
 
 写真のほぼ中央にある大きな岩に注目。この岩は、どんなに大水が出ても動かない。2000年は、岩ははっきりと見えており、周囲の植物の背丈は伸びていない。たぶん大水が出ること頻繁で、植物がなかなか根付かなかったんではないだろうか。
 
 河川改修で流れの勢いが変わり、岩の周りの植物もすっかり根付いた結果、2008年以降は岩が見えなくなってしまった。河原の大石も、堆積物で埋まっていき、写真ではちょっと見にくいが堰堤もその前後の落差が縮まっていることがわかる。もちろん、流れの筋も大きく変化(何度となく重機が入っているせいもあるかもしれないが)。
 
 余談だが、この付近では、以前はヤマメ、イワナ、ニジマスが釣れた。それがここ数年は、イワナのみ。漁協の放流も変わったのかもしれない。
 


2018年3月29日 (木)

サクラ満開

 あっという間にサクラ満開cherryblossomcherryblossomcherryblossom

 初夏を思わせる陽気にシャツ1枚でお散歩。でも、先週雪が舞ったんだよねえ。季節はどれほどのスピードで進んだのか…。
 去年の満開は、4月の10日前後。約2週間も早い。人もみんな活動的になって、いよいよ春本番。
 
G72_0187
 
G72_0191r
 
G72_0194r
 
G72_0209r
 
G72_0223
 
G72_0235
 

2018年3月23日 (金)

はや桜

 ついこの間梅の花を眺めていたかと思えば、はや桜。我が家近くの用水のほとりの桜並木は、全体的にはまだ三分咲ほどか。来週に入ってから見頃を迎えるかな。

G72_0173r
 
G72_0183r

2018年2月28日 (水)

色づく季節

 この冬の猛烈な寒さのせいだろうか、今年は梅の開花が遅い。中咲きの花もまだ開ききっていない枝が多いような気がする。

 それでもこの時期になると気持ちがざわついてきて、ついつい撮りに行ってしまった。春めいてきた空の下、白、紅、桃色に木が色づく様がいい。
 
Eo6_3529r
 
 
 
Eo6_3487r
 

 
Eo6_3513r
 
 
Eo6_3520r_2

Eo6_3494r

2017年5月21日 (日)

新緑の渓

Wg5_0246

2017年4月10日 (月)

桜、さくら、サクラ

 この4月から、自由になる時間が少しできた。地元ウォーキングの途中、桜満開の川辺にて。

G7x_1414


G7x_1418


 以前にも書いたが、自分としては桜よりも梅が好み。じっくりと桜を撮ることはあまりなかったが、もしかしてそれは見頃の日に時間がとれなかったせいなのかもしれない。
 フレームに収めてみれば、結構きれいじゃあないか!

G7x_1437


G7x_1443

2017年2月27日 (月)

梅 第二弾

G7x_1372r


 前回から約2週間が過ぎ、梅の開花が大分進んで八分咲き。もう少しで満開を迎えようとしている。
 曇り空ではあったが、花に強い日射しが当たらないお陰で、光がまんべんなく回っていい感じ。

G7x_1357r


G7x_1347r


G7x_1396r


G7x_1400r

2017年2月16日 (木)

春の歩み

 毎年楽しみにしている「春の歩み」…梅。今年は、去年よりも1週間ほど歩みが早いようだ。日射しは、力強さを取り戻しつつあり、空は文字どおりのスカイ・ブルー。梅の開花の便りが届き始めると、「ああ、春だなあ」としみじみ思う。

Eo6_3180r


Eo6_3176r


Eo6_3184r


Eo6_3209r


Eo6_3202r


 梅の花には、メジロがよく似合う。数尾の群れで花をついばんでいた。
Eo6_3289r


G7x_1312


 梅の足元には、福寿草。黄金色がなんともいえない。
Eo6_3241r


Eo6_3246r


 春の歩みを知らせるのは、梅や福寿草ばかりではない。白毛が輝くネコヤナギ。
G7x_1327


 厳しい寒さが続いたかと思えば、3月~4月の陽気の日もある、不安定な今年だが、着実に冬が去ろうとしている。

2016年11月 5日 (土)

今年の紅葉は・・・

 季節はめぐって秋は少しずつ深まっているとはいうものの、今年は「寒い日」がほとんどない。こういう時って、紅葉はどうなんだろうか?

 毎年行っている山中湖に出かけてみた。早起きして車で出発。途中なんと雨がパラパラ。天気予報は大はずれかと思いきや、着く頃には絶好の天気になっていた。

Eo6_3040r

 山中湖を従える富士。さらに遠くには、雪をかぶった南アルプスの山々が見える。燃えるような紅葉が見えるのでは、と期待が膨らむ。

 湖畔の駐車場に車を止めて、一眼レフの準備OK。遊歩道を歩き出す。

Eo6_3099

 ところが、なんということだ。ご覧のとおりの「青もみじ」! いつもなら、この遊歩道のあたりは、赤に黄に葉が色づき、また落ちた葉が地面に散りばめられているはず。なんということだ。

 それでも、所々に紅葉は見られるものの、鮮やかさにはちと欠けるような気がする。
Eo6_3080r


 なんか肩すかしを食らったような気分だが、そこはまあ気を取り直して、絵になりそうな部分を見つけてシャッターを押してみる。少しは雰囲気が撮れたかも。
Eo6_3062r


Eo6_3065r


Eo6_3070r

2016年4月 2日 (土)

 川崎市は細長~い市だ。俗に「うなぎの寝床」などとも言われる。
 どうしてそんなに細長くなったかというと、二ヶ領用水という農業用水路が江戸時代に整備され、その用水に沿って地域が繋がり、細長い市域を形作ったという。

 その二ヶ領用水のほとりに桜が植えられ、花見の人たちで賑わっている。ぶらりと散歩してみた。

G7x_1065sp


 天気は、どんより曇り空。気温も上がらず北風で肌寒い。それでも、あちこちで花見の宴会が盛り上がっていた。

G7x_1069sp


G7x_1078r

より以前の記事一覧