フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

FAIRLADY Z432

  • JavaScriptを有効にしてください。
無料ブログはココログ

カテゴリー「道具・小物」の記事

2014年7月10日 (木)

ニュー・カマー

 5月の連休の時にオーダーしたブツ、「できあがりました!」との連絡があったので、喜び勇んでカモさんと一緒に受け取りに行ってまいりました。

ジャジャーン
S12_0330


タリラリラ~
S12_0331


ドッカーン
S12_0333


 テンカラ釣り用の竿でございますぅ~!

 グリップのコルクも上等品。竿本体の仕上げも極めて丁寧。何と言っても、軽い! テンカラ竿は持ち重りするからなあ…なんて言っていられないほどの軽さ。

 あとは、実釣、入魂あるのみ。

 そしてそして、お店からの帰りに、オーダーするときに通りがかって気になっていた蕎麦屋さんに寄ってみた。

 およそ蕎麦屋らしからぬ雰囲気の店内、おしゃれ~である。メニューの品々も一品一品凝っていてその数も豊富。豆腐の味噌漬け、稚鮎のパテ、蕎麦の実入りポテトサラダなんぞをつまみに、日本酒を味わい、当然に〆のせいろ蕎麦。

 ウマイ!

 我々の蕎麦屋ランキングでは、堂々のトップクラス入り。意外なところにいい店ってあるんだねえ。
 それにしても、我々のカンの鋭さに自画自賛!
S12_0328

2014年3月 2日 (日)

小さいのにすごいヤツ

 気軽に持ち歩けて画質がいいコンデジとして、S90を愛用してきた。4年が経ち、そろそろ次の機種をと物色してみたが、やはり今度もパワーショットSに落ち着いた。S90は娘に養子に出して、新たにS120を迎えた。わずか10センチ×6センチ×3センチの体なのに、撮れる写真はなかなかのもの。小さいのにすごいヤツだ。

Ft3_1247

2013年10月14日 (月)

Ufufu

 じゃ~ん 新顔登場!!!

Lfhs


 6年ぶりです。前の車がそろそろタイヤとバッテリーの交換時期だし,4月からは消費税も上がるしなどと色々理由を探した挙げ句の購入。ニッサンブランドではあるけれど,マツダのOEM。

 エンジンは,マツダでいうSKY-ACTIVE G。ニッサンでいう高効率エンジン。これに6速AT(マニュアル機能付き)が組み合わされている。足回り良く走ってくれるし,ステアリングは切っただけしっかりと曲がってくれる感触で,久しぶりにドライビングが楽しい。
 車幅が少々広がって3ナンバーとなったが,車幅感覚は前車とほとんど変わらず。気になる点は,最低地上高が135ミリなところ。渓流行きのダート道などで少し気を使わなければならないだろう。

 前の車は約6年で6万キロを走った。「このサイズの車を新車で買うのは,おそらくこれが最後だな。だから10年くらいは乗ることになるな」などと考えつつ,ハンドルを握っている。

 みっちーの車は「奥穂高号」なので,私の車は「大岩魚号」と呼ばせてもらうことにした。さ,これからどんな渓流(道)が待っているか,楽しみだぜい!

2012年7月 1日 (日)

新兵器を試す

 フライフィッシング用のリールの老舗メーカーであるHardyから新しい製品が出た。Ultraliteというモデルで,文字どおり超軽い! ラージアーバーという,リールの糸巻き部の直径が大きい型で,これはオーソドックスなリールと比べると重くなる傾向にあった。ところが,Ultraliteは,本当に軽い。しかも,デザインもいい。思わず衝動買い。フライを始めて最初に買ったのがHardyのリールだったっけ。
 ということで,さっそくに入魂式とあいなった。
Ft3_0601


 昨日,カモさんと一緒に養沢へ。天気は「生憎の」晴れ。でも途中から曇りベースとなったので暑くなく釣りを楽しめた。先日来の雨の影響か水量は少々多め。しかし,川岸の草の倒れ方からすると,大分水が出たようだ。そして,低水温。例年であれば,この時期の水温は17度前後はあるはずなのに,なんと14~15度。

 清冽な流れ。渓にかぶさるモミジも陽の光に透けて美しい。
Ft3_0606
Ft3_0603


 午前中はフライ・フィッシング。お昼は休日の定番,「木の小屋」さんで「きのこそば」。午後は,テンカラ・フィッシングに始まって途中からフライ・フィッシングに。西洋式毛バリ釣りと和式毛バリ釣りとの間を行ったり来たり。これもまた楽し。
 みっちーは,家族のアッシ-君を仰せつかっているとかで本日休業。3人揃えば「テンカラ・トリオ」の結成式ができたのに残念至極。

 新兵器の入魂? もちろん無事に入魂を済ませることができた。目の大きいかわいいヤマメ嬢がしっかりとお相手してくれた。感謝~。
Ft3_0608

2012年6月24日 (日)

New iPad 来たる

S90_1017
 ジャジャ~~ン! とうとう手に入れちゃいました「新しいiPad」。午前中に届いたものの,セットアップはおあずけしていて,つい先程から着手。家のWi-Fiとの接続し,使える状態となった。
 んん~,これから諸々いじりながら使っていこうと思うけれど,一番の目的はPCに入っているデータを出先でちょちょいと見たり,簡単なプレゼンで使うこと。アプリなども探して入れて行かなくちゃね。しばらくは,これで楽しめそうだ。

2012年5月 2日 (水)

日本の清流

Ft3_0315
 ガチャポンとかガチャガチャといわれる,カプセルに入ったオモチャを販売する器械がある。子ども向けなんだろうが,中には結構楽しめるものがある。「日本の清流」と銘打ったものがそうだ。どこにもありそうだが,これがなかなかない。昨日偶然に某書店で見つけてしまった。オイカワやウグイからあゆ,岩魚などなど日本の清流に棲む魚の精巧なミニチュアが入っている。

 ねらいは当然のことながら,ヤマメかイワナ。何が出てくるかわからないので,実際の釣りよりも難しいこと甚だしい。300円を投入して1回目。なんとアカメが出てきた。「おいおい,これって清流に棲む魚かよ」とぼやきつつ中に入っている解説を見たら,「シークレット」ものとなっているじゃあありませんか。得したような損したような…。

 気合いを込めた2回目。コインを投入してガチャガチャとダイヤルを回し,ポトンと出てきたのが狙いどおりのヤマメ!!! 満面の笑み。周りの人は私を見てなんと思っただろうか。

 ご覧のとおり,わずか数センチの大きさながら魚体の形や色合いは本物に限りなく近い。ヒレなんぞ縁が白くなっているところなんかも実にいい出来。顔を前から見た形も上下にとんがっていて左右に薄い,本物のヤマメの形だ。

 子どものオモチャと侮ることなかれ。楽しい,嬉しい「大人の贅沢」だ。

2012年4月25日 (水)

大当たり!

 パソコンのワープロソフトは,長年にわたって一太郎を使っている。MSのアプリケーションはあまり好みではないことや,仕事上フリガナ付き,傍線付き,罫線多用の縦書き文章を扱わなければならないことから,やはり日本語は日本製のソフトが一番と思っている。その一太郎のキャンペーンで,「ニッポン銘品プレゼントキャンペーン」というのがあって,これに応募してみた。

 今日家に帰ったらカミさんが「お弁当箱が届いているわよ」と言う。頼んだ覚えも,買った覚えもないので,首をかしげながら荷物を見てみると,なんとまあキャンペーンに当選していたのだ!!!

 バンザイ!!!

 当たった銘品は,秋田県は大舘の曲げわっぱで作った弁当箱。杉の白木でできた,柾目が美しい一品である。これはうれしい。前々から欲しかったけど,結構なお値段なのでついつい躊躇していたものだ。

 思わぬプレゼント品,大事に使っていきますよ。ジャストシステムさん,ありがとう!

S90_1016

2012年2月24日 (金)

スマート・フォン

Img_1014


 ずっとハンドヘルドコンピュータを使っているし,携帯電話は電話とメール機能だけで十分と考えていた(実は,今でもそう考えている)。でも,世の中はスマート・フォンへの大潮流。日本の携帯が「ガラケー」と揶揄されたあたりから,急速に流れが加速したと思う。

 自分にとってはガラケーで不足はないのだが,機種数も激減し選択の幅が狭くなってしまった。こういう状況では,そろそろスマホに乗り換えておいた方がいいかな…。

 てなことで,遅ればせながら(?)スマホに参入! docomoのAndroid端末だ。数日いじって改めて感じたことは,これは完全にパーソナル・コンピュータであるということ。今までの携帯感覚で使っちゃいかんのです。ソフトの起動~終了,そしてメモリのメンテやファイル管理など,かなりのことをユーザーが意識的にやらないと快適には使えない仕組みと言っていい。

 あるソフトを使った後に終了させたつもりでも,実は完全に終了していずにメモリを食っていることがある。表面的には「終わったこと」だが,裏では終わっていない…そういったあたりを良く理解して使わないといけない。

 それと,端末(ソフト)と各種サイトとの間で,ユーザーが知らない間に結構頻繁に通信して情報をやりとりしている。これがくせ者で,バッテリー喰いや回線混雑の一因となっているのではないか。このやりとりのカットは,ユーザー自身が意図してやらないといけない。

 ま,そんなこんなでブツブツ言いながらも色々といじって,結構なことがわかってきた。これは,「携帯電話」ではなく「電話機能つきコンピュータ」と考えた方がいいようだ。とは言え,ハンドヘルドコンピュータは,これからも使い続けるつもりである。すべてをスマホに集約するのは,まだちょっと危険かなと思う。

2011年12月 6日 (火)

衝撃的な出会い

これは? 新しい仲間です。

S90_0997

2011年5月29日 (日)

新兵器

 さてクイズです。これは一体なんでしょう???

Img_0926

 よ~~く見ると,先っぽに何やら文字が…「刃先注意」と書いてありますねえ。私好みの物騒なものでしょうか? それにしてはこの物自体の角は丸められていて,とんがってはいませんねえ。

 斜め横から見るとこんな感じ。

Img_0923

 一昔以上も前の駅員さんの切符切りのようですが,横にも何やら文字が…「Harinacs」と書いてありますねえ。英語の辞書でも引いてみましょうか? 出てるかなあ?

 使い方は,ハサミとかペンチとかのようにして,ハンドルをギュッと握りしめます。

 これは…針のいらないステープラー。「針なくす」→「ハリナックス」→「Harinacs」という洒落ですねえ。

 白い部分のところに紙を何枚か重ねて差し込み,ギュッと一握りすれば中からイカの耳のような形をした刃が出てきて,その形に紙を切り抜き,そしてやはり刃で付けた切り込みに差し込んでいきます。言葉で書くとわかりにくい!

 最後はこうなるんです。2枚目の紙をオレンジ色にしてあります。

Img_0927

 コピー用紙なら8枚まで閉じられます。