« 蕎麦はよく噛んで | トップページ | かりんとまんじゅう »

2011年3月13日 (日)

案の定

 地震が起きた時,職場のデスクでPCのキーボードを叩いていた。これはちょっと尋常な揺れではないと感じ,すぐにドアを開けて外に。学生たちが教室内にいたので一通り声をかけて回った。中には外に出て涙を流している者もいた。

 建物にも人にもさしたる被害がなく安心したものの,鉄道がストップ。今の職場に来てから初の「お泊まり」と相成った。

 帰路につけたのは翌日の昼前。帰宅までにはいつもより時間がかかった。自宅は少々物が落ちた程度で,こちらも大きな被害なし。

 明けて今日。DIY店に買い物に出たら,乾電池や懐中電灯の棚には商品がない! ガソリン携行缶も残りわずか。立ち寄ったコンビニでも,乾電池やカップ麺がない! 車のガソリンを入れようと行きつけのスタンドに寄ろうとしたら「ガソリン売り切れ。入荷未定」の張り紙。事が起きてから皆さん買いに走ったようで…。

 大体こういう災害があると,直後にはこのような現象が起きる。雪の時も,雪が降ってからタイヤ・チェーンや雪かき用のスコップが売れる。事の起きる前に準備してよ,今さら買いに走ってもネエと思うのだが。

 そしてまた,こういうときにお決まりなのが「風評」や「流言」。案の定今回も千葉の製油所火災に絡めて出所不明のチェーンメールが飛び交っている。私の携帯にもある人からそのメールが送られてきた。わざわざ「チェーンメールではありません」などと断っている。それがチェーンメールであることの証。悪徳商法が「これは悪徳商法ではありません」と断るのとまったく同じ。「できるだけ多くの人に教えてあげてください」ともある。当然黙殺した。

 そう言えば,お泊まりした時に学生たちが「今夜もっと大きな地震が来るんだって」と口々に話していた。「それはどこからの情報?」と聞くと,某SNSでそのような情報がながれているとか。「どこの誰が言ったことなの?」と聞くと,「知らない」。不確かな情報には踊らされないように伝えたのは言うまでもない。

 やはり大切なのは,「備えよ常に」ということと,確かな情報とそうでない情報とを仕分ける目ということだと再認識させられた。

« 蕎麦はよく噛んで | トップページ | かりんとまんじゅう »

コメント

お疲れ様。そして貴重な情報ありがとう。今は余震が怖いし電力も気になるのでラジオ頼り。みんなでこの困難を乗り越えたいですね。

 日に日に被害の甚大さが明らかになって,ただ事ではないことが実感となってきます。

 買いだめはエスカレートし,最初の頃はそうでもなかったティッシュやトイレットペーパーにまで及んでいるとか。そんなに「家庭内在庫」を増やしてどうするんだろう。片や義援金に賛同し,片や買いだめに走る…んん~よくわからん。直接の被害に遭っていない人たちが自制してこそ援助が成り立つということを考えないのかネエ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蕎麦はよく噛んで | トップページ | かりんとまんじゅう »