« 里の春 | トップページ | レインボー…とは言っても魚ではなく »

2011年4月21日 (木)

送信再開

 福島からの標準電波送信が本日再開されたとのこと。なんでも,防護服を着用した職員が送信所に赴き,機械のスイッチを入れたそうだ。その後職員は引き上げているので,現在は無人で送信を続けていることになる。ハイテクっぽいのにローテクなんだなあ…。

 何はともあれ,これで電波後進地域の我が家でも,時計が電波をとらえることができるようになった。機械のスイッチを入れにいった職員の方に感謝します。

« 里の春 | トップページ | レインボー…とは言っても魚ではなく »

コメント

私も今日確認したよ。Bカメラに置き時計を買いに行ったら電波時計の幾つかが東の40kHzを受信していた。店員に聞いたら昨日から送信再開だって言ってた。送信出力が大きいので保守人員の常駐が必須なのだそうだが遠隔操作で凌げるようにしたらしい。

お互い電波難民からは脱出できたというわけだ。バンザイ!!!
たぶん,小金井から送信状態などのチェックとコントロールを行うんではないかねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 里の春 | トップページ | レインボー…とは言っても魚ではなく »