« さてこれは何でしょう? | トップページ | 一皮剥けて… »

2011年7月18日 (月)

寿々孝

 買い物に行く道すがら偶然に見つけた蕎麦屋,「今度入ってみよう」と言いながら,1回は定休日にあたり,もう1回は駐車場がいっぱいであきらめ,今回ようやく実現。

 「石挽手打ちそば」の幟が立ててあり,当然に手打ち蕎麦。店内はカタッ苦しさは微塵もなく,親しみやすくていい感じ。今使っている蕎麦は「福井県産の越前蕎麦」という貼り紙がしてある。私は例によって鴨汁蕎麦を頼み,家族は季節限定の「富山産白海老ちらし揚げ蕎麦」というのを頼んだ。使っている鴨は,青森産の本鴨とメニューに記してある。

 注文してから程なく,蕎麦が運ばれてくる。替え蕎麦(要は「重ね」と同じ)があるので,それも頼んだので,ざる2枚がお盆にのってきた。1枚あたりの分量はやや少なめと見えたので,これは大正解。

 まずは蕎麦のみをすする。歯ごたえがしっかりしていておいしい蕎麦だ。次に鴨汁のみをすする。少し濃いめの汁だが,私は好み。パッパッパと,あっという間に蕎麦2枚を平らげてしまった。

 「白海老…」の方は,海老を1尾ずつ唐揚げにしたものをはじめとしてたくさんの具が蕎麦と一緒に丼に盛りつけてある。見た目もきれい。海老もおいしい(ちょっとつまみ食いさせてもらった)。

Ft3_0072


 これは意外な近場にいい蕎麦屋を発見した。これからは蕎麦を食べたくなった時にはここへ来ればいいかな。

 「寿々孝」 川崎市麻生区栗木2-1-11

« さてこれは何でしょう? | トップページ | 一皮剥けて… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さてこれは何でしょう? | トップページ | 一皮剥けて… »