« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »

2019年12月

2019年12月29日 (日)

クルマ遍歴

 私のクルマ遍歴。

Photo_20191229170501  

 人生初めての車は、三菱のコルト。父親の友人のお下がりを、タダ同然で譲ってもらった。コラムシフトの前進4段変速。ぶつけても擦っても惜しくないので、あちこち色々いじくった。修理部品がなくなって、半年あまりで次の車に…。

 初めて新車に乗ったのが、B210型サニー。エンジンはOHV1200ccのFRドライブ。フロント・サスはストラット式ながらリア・サスはまだ板バネ式。

 

 ***** 追記(2020/02/14)  B210型サニーの画像を見つけました

 

Sunnyb210  

 

 *****

 

 

 

00civic

  排ガス規制が厳しくなる世の中の流れの中で、次に乗ったのがシビックCVCC。OHCエンジンで排気量は1500cc。各メーカーが排ガス対策に苦しむ中、ホンダのCVCCは画期的だった。
 ここまではキャブレターが付いたエンジンだった。

 

 

 

00sunny01

 

 キャブレターがなくなり、燃料噴射式エンジンの車はB11型サニーから。ニッサンEGI式のE15EエンジンはOHCでありながら、ライバル社のDOHC車をカモるほどの性能を発揮した。若気の至りで、横に並んだDOHC車と信号グランプリで競ったことも…。
 それだけでなく、驚異的な燃費性能も持っていた。マニュアルシフトではあるものの、高速道主体でリッター21キロをたたき出したこともあった。
 ここまでは、全ての車がマニュアルシフトだった。

 

 

 

00sunny02

 

 B12型サニー(ハッチバック)からは、オートマチックシフト車となる。運転するのが自分だけではなくなったので…。
 この頃から、車のボディ剛性が高まっていった。段差を乗り越えるときに、シャーシーの捻れがなくなり、乗り心地と操縦安定性が良くなった。

 

 

 

00sunny_cal

 

 ステーションワゴンはWFB12型のサニーカリフォルニアから。セダンの乗り心地に荷物の積載性がプラスされ、アウトドアにはピッタリだった。まだステーションワゴン・ブームが始まる前だった。

 

 

 

00primera_wag

 

 車の電子化が進み、エンジン制御もいつしかコンピューターが行うようになり、「ドライブ・バイ・ワイヤー」となったのが、W20型プリメーラ・ワゴン。エンジンルーム内で素人がいじれるところは残り少なくなっていた。ステーションワゴン・ブームは、このあたりから終息していく。

 

 

 

00lafesta

 

 その後、多人数乗車が予想されるようになったので、B30型ラフェスタを購入した。我が家の車庫にも納まる低床ミニバンだ。ルノー車との共通シャーシーということだったが、そのせいかふんわりとした乗り心地&操縦性だったような気がする。

 

 

 

00lafesta_hs

 

 続く車もB35型ラフェスタ・ハイウェイスター。これは、マツダ製プレマシーのOEM車。外装のマークこそ日産マークだが、エンジンルーム内には「MAZDA」の文字が溢れていた。マツダ車には、以前から興味があった。低床ミニバンとしては、とてもいい操縦性だと感じた。

 

 「車は世につれ、世は車につれ」…時代も車も大きく変わった。車好きではあるが、分相応の車を乗り続けてきたつもりだ。排気量は少しずつ増えて今では2000cc。面白いのが車幅。各メーカー車のグローバル展開が進むに連れて次第に幅広になり(あのカローラだって3ナンバー化したもんね!)、今乗っているXVは1800ミリ・メートル。それでもミラー・トゥー・ミラーが2000ミリを切っているのでまだ走りやすいが、日本の道を走り、スーパーなどの駐車場に駐めるには少々幅広過ぎるのではないかと思う。

 ともあれ、車の運転はおもしろい。カーブでねらった曲線をねらったとおりに走ったり、ちょっとラフな道を凸凹を避けながらステアリングを切ったり、時に低いギアでエンジンをグングン回してみたり…。運転の楽しさは、なにもスピードを出すだけではない。自分の意のままに車を操れたときの満足感を求めるのも、楽しさの形だと思う。

 

 

2019年12月 6日 (金)

新車6か月点検

 愛車 SUBARU XV 、早くも6か月無料点検。これまでに走った距離は約6800キロ。釣りに大活躍してくれたからねえ。調子はすこぶる快調。通しの平均燃費は、約13km/l。高速走行だけだと、18km/l走ったこともあった。省燃費ドライブを特に意識して走っているわけではないので、いい感じだと思う。点検の結果は、良好。「点検パック」に入っているので追加料金はかからず、支払は0円だった。

 

 これまでの大きな不具合はとくになし。細かなところでは、アイサイト・カメラのカバーが車の振動に伴ってカタカタとビビリ音をたてていたが、1か月点検の時に対策してもらった。以後、まったくビビリはなくなった。

 

 渓流釣りもオフ・シーズンなので、来春までは走行距離が大きく増えることはないと思うけれど、多分最初の12か月点検では1万キロを超えるのは間違いないだろう。

 

Xv_61

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »